特集☆よくわかる筋膜リリース

Home > 筋膜リリースの豆知識 > 筋膜リリースの事に詳しくなり日常生活に取り入れよう

筋膜リリースの事に詳しくなり日常生活に取り入れよう

 皆様の中には、最近話題になっている筋膜リリースについてもっと詳しくなりたいという人もいるのではないでしょうか。
人間の筋肉は筋膜という薄い膜に守られていて、この筋膜が無ければ体の組織を支えられないため、骨の次に体を支えるために重要なものとされています。
そんな筋膜が正常な状態でないと、筋組織同士での摩擦が起きてしまい消耗が起こってしまう、筋肉がスムーズに動かない事により間接等各所に痛みを覚えてしまう等様々な不具合を起こしてしまう可能性があります。
こうした事を防ぐ目的があるのが筋膜リリースになります。
この筋膜リリースは、具体的には筋膜の萎縮や癒着、あるいは筋膜同士を引き離す事によって、筋膜を健康で正常な状態に戻すための活動の事を言います。
こうした筋膜リリースが注目を集めるのには訳があります。

 筋膜リリースが注目されるようになったきっかけが、近年のパソコンやスマートフォンの急速な普及による慢性的な痛みに悩む患者が増えてきたという要因があります。
仕事で長時間パソコンに向かう事が多くなった、休日にスマートフォン等で動画を楽しむようになった等のライフスタイルの変化により、従来型とは違った痛みを訴える患者が増加傾向にある事から研究が進められ、筋膜の硬直やねじれ等によるものだと判断されたのです。
従来型の関節痛への治療法では解決が難しいこの筋膜による症状を改善するための筋膜リリースは、慢性的な疲労に悩む患者が激増してきたアメリカで考案された治療法になります。
慢性疲労症候群等の難病が蔓延していたアメリカで、こうした症状の改善に効果があると考案されたのが筋膜リリースなのです。

 では、具体的に筋膜リリースとはどのような方法なのでしょうか。
筋膜リリースは、一見するとストレッチのようなのですが、詳細はそうではありません。
ストレッチが同一方向への伸び縮みをさせるのに対し、筋膜リリースは筋膜を色々な方向に曲げ伸ばす事を目的としています。
筋膜リリースは、筋膜の硬直等を治す事を目的としているので、同一方向へ伸ばしたりするだけでは、効果が薄いのです。
さらに、筋膜リリースの方法は悩んでいる部位によって効果的な方法が違うという特徴もあります。
背中や肩への傷みが目立つという場合には、椅子に座りながら筋膜を全体的に動かすような方法で、首や腰等の症状が重い場合には立ったまま行う筋膜リリースが有効になります。
その際、どこが痛いか厳密に分かりにくい場合には、医師に相談してみるのも良いでしょう。

次の記事へ

カテゴリー

PAGE TOP